水虫の症状と治療法TOP > 用語集 > スイッチOTC

スイッチOTC


薬局で誰でも購入できるようになったスイッチOTCOTCとは"Over the counter"の略で、医師の処方がなくても薬局などで誰でも購入ができる薬、市販薬のことです。


一方スイッチOTCとは、いままで医師の処方がなければ購入できなかった成分を配合した薬が、薬局で医師の処方がなくても購入できるようになった薬のことです。


 スイッチOTCの主な成分



H2ブロッカー(胃腸薬)

イブプロフェン(解熱鎮痛剤)

インドメタシン(筋肉痛・関節痛)

塩酸ブテナフィン(抗真菌剤


スイッチOTCは、医療用でのみ使用が認められていた成分の中で、比較的副作用が少なく、安全性の高い成分についてのみ、一般薬への配合を許可するというものです。


薬剤師に調剤してもらうため調剤料がかかる病院に行くとなると診察料・検査料・医師の処方の下、薬剤師に調剤してもらうため調剤料がかかり、また時間的負担も大きいことから、自分で治せる病気や症状は自分で治すほうが経済的です。


しかしスイッチOTCはもともと医療用ですから、薬の効き目はOTC(一般薬)に比べ比較的強くなっていますので、購入の際はもちろん、症状の改善が見られない、または悪化した場合は早めに医師または薬剤師に相談することも大切です。


スイッチOTCはかぜ薬や胃腸薬、水虫の薬などさまざまな種類の薬がありますが、スイッチOTC薬と明記されているわけではありませんので注意しましょう。





スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 水虫の症状と治療法. All rights reserved