水虫の症状と治療法TOP > 水虫の種類 > 趾間型水虫

趾間型水虫


趾間型水虫(しかんがたみずむし)は、指(特に足の指)の間にできる、最も患者数が多いといわれている典型的な水虫のことです。


 趾間型水虫の症状・特徴



趾間型水虫(しかんがたみずむし)多くの場合、強い痒みを伴う。

皮膚が白くふやけたり、皮がむけたり、赤くむけてただれたり、腫れたりする。

化膿菌の二次感染により、リンパ管炎、リンパ節炎を起こすことがある。

隙間が少ない薬指と小指の間に発症しやすい。

小水疱型水虫角質増殖型水虫爪水虫(爪白癬)などは、この趾間型水虫が原因で発症することが多い。

他の雑菌などが混じり、悪臭を発することもある。

夏や梅雨時などに症状が出、冬場は治まることが多い。


 趾間型水虫の治療



趾間型水虫は、はじめ患部がジュクジュクすることが多く、この部分の皮膚自体もそれほど硬くないので塗り薬やスプレータイプの外用薬が用いられることが多いようです。


症状が治まってくると、ジュクジュクがなくなり、やがて皮膚が乾き、ボロボロ皮がむけるようになり、痒みも治まってきます。


また痒いからといって頻繁にかいていると、皮膚から滲出液がしみ出し、痛みを伴う場合もありますので注意しましょう。


趾間とは「足の指の間」という意味です。





スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 水虫の症状と治療法. All rights reserved