水虫の症状と治療法TOP > 水虫の種類 > 爪水虫(爪白癬)

爪水虫(爪白癬)


爪水虫とは、医学的には爪白癬と呼ばれている、白癬菌(はくせんきん)が爪に感染、寄生した病気・水虫のことで、日本では10人に1人、約1200万人が爪水虫(爪白癬)にかかっているともいわれ、60代以上になると4割以上、5人に2人が爪水虫(爪白癬)患者ともいわれています。


 爪水虫(爪白癬)の症状・特徴



爪水虫(爪白癬)の9割以上が足の爪に発症しますが、手の爪にも発症することがあります。


爪に白癬菌が感染・寄生すると爪の先から症状が現れ始め、爪が白く濁ったり(黄褐色、茶褐色になることもある)、分厚く変形したり、ぼろぼろ欠け落ちたり、爪の幅が狭くなるといった症状がで、次第に爪全体に広がっていきます。


爪水虫は完治が難しい爪水虫(爪白癬)は痒みなどを伴なわないことが多いので(爪には神経がないので)、爪水虫だけでは自覚症状はほとんどありませんが、症状が進んでくると靴を履くときなどに痛みを感じる場合があります。


また初めから爪水虫(爪白癬)が発症することは珍しく、たいていの場合は足水虫(足白癬)から感染することが多いので、爪水虫(爪白癬)の症状が現れる前に足水虫(足白癬)などを完治させ、爪水虫(爪白癬)にならないように予防することが大切になってきます。


 爪水虫(爪白癬)の治療



基本的に爪水虫(爪白癬)を塗り薬などの外用薬には液体と軟膏などの外用薬と内服薬を併用して治療が行われていきますが、治療が長期間にわたり、水虫の中で最も完治が難しいともいわれています。


外用薬を使用する場合は、爪そのものというより、爪と皮膚の間、爪の生え際に薬が行き届くようにすることが大きなポイントですので、日頃から爪を短く切り、ヤスリなどで爪の先を薄く削るようにしましょう。


爪水虫(爪白癬)自体痒みがありませんので効果が出ているのかが分かりづらいですが、症状が改善されてくると爪の生え際からキレイな爪が生えてきます。


通常、爪が生え変わるのには6ヶ月かかるといわれていますので、爪水虫(爪白癬)を完治させるには最低半年、長くなると1年以上かかることもありますので、水虫の中でも特に根気が必要です。


爪水虫が完治しないうちは、白癬菌をたくさん抱えたままの状態ですので、そこから別の部位に白癬菌が感染し、水虫になる可能性が高くなりますので、爪水虫(爪白癬)と似た症状が現れたときは、なるべく早く皮膚科などの専門医で診察を受けることが重要になってきます(爪の病気も皮膚科で受診しましょう)。





スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 水虫の症状と治療法. All rights reserved