水虫の症状と治療法TOP > 皮膚の構造 > 表皮

表皮


表皮皮膚の3層構造の最も外側にある厚さ0.07〜0.2mmの薄くて丈夫な層で、その表面は死んだ細胞の集まった平らな層・角質層(角層)に覆われています。





またこの表皮はさらに数種の層に分かれ、内側から角質細胞を作り出す基底層、有棘層、顆粒層、そして角質層からとなっています。


表皮は常に分裂を繰り返し、個人差・年齢差はありますが一般的に28日周期で生まれ変わり、基底層で作り出された細胞は⇒有棘層⇒顆粒層⇒角質層へ押し上げられ、やがてアカとなって剥がれ落ちるのです。


これが皮膚のターンオーバー(新陳代謝)です(加齢と共に28日周期が長くなります)。


 表皮の働き



皮膚の内側にある筋肉や神経、血管といった器官を外気や紫外線、外傷から守る。

免疫情報をやりとりして生体を防御する。

皮脂腺から分泌される皮脂や汗に覆われることによって皮膚に潤いと滑らかさを与え、ホコリや細菌などから体を守る。





スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 水虫の症状と治療法. All rights reserved