水虫の症状と治療法TOP > 皮膚の構造 > 角質層(角層)

角質層(角層)


角質層(角層)表皮を覆い、皮膚で最も外側、最上層のケラチンというたんぱく質を主成分とする肌健康を維持するうえでとても重要な層で角質細胞とも呼ばれています。





角質層は、下から新しい細胞が出来てくるたびにアカとなって剥がれ落ちることで一定の厚みが保たれています。


角質層は皮膚細胞が角化(表皮の細胞が角質細胞に変化する現象)の途中で、細胞核を失ったもので、いわゆる死んだ細胞です。もちろん死んでいるからといって不要な細胞ではなく、さまざまな役割を担っているのです。


また私たちが普段「肌がキレイ」「肌が荒れている」「肌が潤っている」など、肌の状態をいうときは、この角質層のことを指し、水虫の原因である白癬菌(はくせんきん)が住み着くのもこの角質層です。


 角質層の働き



細菌やウイルスなどの異物が体内に侵入するのを防ぐ

皮膚の水分や保湿成分の喪失を防ぐ

皮膚に加わる外部からの刺激を和らげる

真皮や皮下組織を保護する


 角質層の厚さ



角質層の厚さは体の部位によって異なり、手のひらや足の裏の角質層は最も厚くなっています。





スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 水虫の症状と治療法. All rights reserved