水虫の症状と治療法TOP > 水虫の種類 > 角質増殖型水虫

角質増殖型水虫


角質増殖型水虫(かくしつぞうしょくがたみずむし)は、足の裏、特にかかと付近の角質が厚く、硬くなり白い粉がふいたり、皮膚表面がザラザラ・ガサガサしたり、あかぎれやひび割れのような状態になったりし、皮膚が剥けてくる水虫のことです。


 角質増殖型水虫の症状・特徴


角質増殖型水虫(かくしつぞうしょくがたみずむし)
かかとを中心に足の裏の角質が厚く、硬くなる。

水虫と気付かない人が多い。

慢性化しやすい。

皮膚が剥け落ちるので家族などに感染しやすい。

痒みや痛みはないことが多い。

趾間型水虫小水疱型水虫などと同時に発症することはあまりないが、爪水虫(爪白癬)と合併することは多い。

年配、高齢者に多い。

1年を通して症状の変化はあまりないが、乾燥する冬に悪化することもある


 角質増殖型水虫の治療



角質は体を守る役割があり、硬く厚くできていますので、角質増殖型水虫を塗り薬だけで完治させることはとても難しく、内服薬の治療が必要になります。また治療には時間がかかり、根気を要します。





スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 水虫の症状と治療法. All rights reserved