水虫の症状と治療法TOP > 水虫の知識 > 水虫の歴史

水虫の歴史


世界的に見れば水虫が確認されたのは19世紀の終わり頃とされており、1890年代に水虫の研究が始まり、真菌(カビ)が原因である事が分かったのは1910年でした。


日本では大正7年(1918年)に、医学者でもあり、詩人・歌人・戯曲家でもあった木下杢太郎(本名:太田正雄)が水虫の原因である白癬菌(はくせんきん)を分離培養したのが始まりです。


昔は水の中の正体不明の虫に刺されていたと思われていた水虫はその原因菌である白癬菌が発見されてまだ100年も経たない病気です。


しかし日本では江戸時代に「水虫・田虫」という言葉がすでに使用されていたといわれています。


田んぼ仕事をする季節になると足にポツポツとした水疱(水ぶくれ)ができ、ムズムズしてとても痒かったそうです。


もちろん当時はまだ白癬菌(水虫菌)が発見されていませんでしたので、水の中の正体不明の虫に刺されたと思い込んで“水虫”と呼んでいたようです。


このように昔は草履や下駄など履いていて、現代のように靴を履く習慣がなかったので、水虫の人はほとんどいなかったともいわれています。


しかし第二次世界大戦以降、靴を履くようになり、水虫患者は急増しましたので、水虫はまさに現代病といっても良いかもしれません。


日本で初めて水虫になったのは、西洋文化に誰よりも早くから興味を持ち、まだ人々が雪駄などを履いていた中、いち早く靴を履いていた坂本龍馬(天保6年(1835)11月15日-慶応3年(1867)11月15日)といわれています。もちろんまだこの時代の日本では白癬菌は発見されていませんので真相は不明ですが、水虫であった可能性も否定できませんね。





スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 水虫の症状と治療法. All rights reserved