水虫の症状と治療法TOP > 水虫に似た病気・症状 > 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)


掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)は、手のひらや足の裏に最初小さな水疱(水ぶくれ)ができ、次第に膿疱(皮膚が化膿した状態)が見られるようになり、皮膚が赤みを帯びたり、皮が厚くなったりし、いずれ角質層(角層)が剥がれたりする、水虫小水疱型水虫)にとても似た皮膚疾患です。


水虫と違い、水疱の中に膿(うみ)が生じることが多く、またこの膿からは細菌は検出されないため、掌蹠膿疱症が他人に感染することはありません。


 掌蹠膿疱症の症状



痒みを伴うことが多い

胸骨・肋骨・鎖骨や関節の痛みなどを伴うこともある

膝や肘などにも症状が出ることがある

比較的高齢者によく見られる


 掌蹠膿疱症の原因



原因不明な場合が多い掌蹠膿疱症は水虫と症状が似ているので医師の診察を受けましょう

扁桃炎・副鼻腔炎・中耳炎・歯槽膿漏・虫歯

歯科金属による金属アレルギー

タバコの吸い過ぎ等による咽頭炎・喉頭炎


以上のような原因が考えられていますが、原因不明な場合が多く、病気の発症メカニズムはいまだ解明されていません。


掌蹠膿疱症は良くなったり悪くなったりを繰り返しやすいので、長期間に渡る治療が必要な場合が多く、再発しやすい皮膚病です。


また掌蹠膿疱症は水虫にとても症状が似ているので、自己判断で水虫と思い込み、違った薬を使用した結果、症状が悪化するといったことがよく起こりますので、早めに皮膚科などの専門医で診察を受けることをおすすめします。





スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 水虫の症状と治療法. All rights reserved