水虫の症状と治療法TOP > 水虫の治療法 > パルス療法

パルス療法


爪水虫にはパルス療法が用いられる事が多いパルス療法とは従来のように毎日飲み薬を服用するのではなく、「1週間薬を飲んだ後に、3週間は服用を休止し、これを3回繰り返す」治療法で、主に水虫、特に爪水虫(爪白癬)の治療で行われています(間欠療法ともいわれています)。


 パルス療法のメリット



最低でも3ヵ月以上毎日薬を服用し続けなければならなかった爪水虫の場合、患者の方にとても負担がかかっていました。


しかし爪水虫で処方される飲み薬は持続効果が高いので、パルス療法を用いても十分効果が期待でき、また患者の方の負担、特に肝臓の負担を軽減することができ、服薬期間も短縮されるようになりました(服薬日数は3ヶ月で21日間)。


 パルス療法の注意点



医師の指示に従い服用法を守る

その他の薬を服用している場合は必ず医師または薬剤師に告げる





スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 水虫の症状と治療法. All rights reserved