水虫の症状と治療法TOP > 水虫の治療法 > 根気よく治療を続ける!

根気よく治療を続ける!


水虫になってしまったら根気よく治療を!水虫は基本的には防げる病気です。


毎日清潔を心がけ、通気性を良くすれば、白癬菌(はくせんきん)が付着しても感染することはありません。


それでも日頃からの予防を怠り、白癬菌(水虫菌)が感染し、水虫になってしまえば、根気よく治療を続けていくしかありません。


人間の皮膚表皮)は一般的に28日周期で常に生まれ変わっています(ターンオーバー、加齢と共にこの周期は長くなる)。


ですので、正しい治療を続ければ約1ヶ月で改善していくといわれています。


しかし治療を途中でやめたり、怠ると、いままでの治療がすべて無駄になってしまいます(爪は約6ヶ月で生え変わるといわれていますので、爪水虫(爪白癬)の場合は最低でも半年は治療を続けなければなりません)。


また完治したと自分で勝手に思い込み治療をやめてしまう人が多いのですが、見た目は完治したと思っても白癬菌はまだ寄生していることが多いので、自己判断で治療をやめず、必ず医師の指示に従い治療を続けていくことが大切なのです。


しかしほとんどの人がこの“根気よく治療を続ける”ことができないために、水虫(白癬菌)と長く付き合っていくことになるのです。


 根気よく治療できない理由



面倒くさい

命に関わらない病気なので軽視している

完治したと勘違いしている

水虫は治らないと思っている

他の病気を患っているので水虫治療に専念できない


根気よく治療できない理由は人それぞれですが、皮膚科などの専門医の指示に従い、治療を根気よく続けることが水虫完治への近道なのです!





スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 水虫の症状と治療法. All rights reserved