水虫の症状と治療法TOP > 水虫の種類 > インキンタムシ(股部白癬)

インキンタムシ(股部白癬)


インキンタムシの症状、治療法は?


インキンタムシとは、医学的には股部白癬と呼ばれている、白癬菌(はくせんきん)が股部や陰嚢(いんのう)、お尻などに感染、寄生した病気・水虫のことです。


 インキンタムシ(股部白癬)の症状・特徴



インキンタムシ(股部白癬)の初期症状としては、丘疹や小さな黄色く濁った粘液が入っている小さな水疱(水ぶくれ)ができますが、徐々にそれらが環状に並んで堤防状に盛り上がってきます。またフケのようなものが剥がれ落ちるようになります。


陰部にできる水虫をインキンタムシといいますインキンタムシ(股部白癬)は若い男性に多く見られ(女性にも稀に見られます)、ほとんどの場合、股間部にのみ広がり、運動したり、風呂上りなど体が温まると激しい痒みを伴います。


またインキンタムシ(股部白癬)時に性行為(SEX)をすると感染する危険性がありますので、注意が必要です。


股間部の皮膚は体の中でも特に薄い部分ですので、インキンタムシ(股部白癬)は完治しやすいのですが、場所柄、常に衣類を身に付けていなければならず、湿度・温度とも上がりやすいので白癬菌が感染しやすく、再発しやすい部分ともいえます。


インキンタムシの治療として男性の場合は常に密着しているブリーフタイプよりもトランクスのほうが予防には良いでしょう。


またインキンタムシなど足水虫(足白癬)以外の水虫は、足の水虫を伴なっている場合が多く、同時に治療し、完治しないと再発を繰り返すことになりますので注意が必要です。





スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

SNS/ブックマーク


サイト更新日

平成26年10月21日
 

Copyright © 2006-2014 水虫の症状と治療法. All rights reserved