水虫の症状と治療法TOP > 水虫の種類 > 足水虫(足白癬)

足水虫(足白癬)


足水虫とは、医学的には足白癬と呼ばれている、白癬菌(はくせんきん)が足(特に足の裏)に感染、寄生した病気・水虫のことです。


 足水虫(足白癬)の症状・特徴



足にできる水虫を足水虫といいます一般的に水虫といえばこの足水虫(足白癬)のことを指すことが多く、水虫(白癬症)の中で約7割を占め、最も患者数の多い水虫でもあります。


また足水虫(足白癬)は、

趾間型水虫
小水疱型水虫
角質増殖型水虫
爪水虫(爪白癬)

の4つに分類され、それぞれによって症状や特徴は異なります。


シラクモ(頭部白癬)
ゼニタムシ(体部白癬)
インキンタムシ(股部白癬)
手水虫(手白癬)


などは、この足水虫(足白癬)から感染することが多いので、まずは足水虫(足白癬)を完治させることが最も重要だとされています。


また日本では足の病気の“4割”がこの足水虫(足白癬)といわれるほど、足の病気の中でも最も多いのです。





スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 水虫の症状と治療法. All rights reserved