水虫の症状と治療法TOP > 白癬菌の知識 > 白癬菌(はくせんきん)

白癬菌(はくせんきん)


白癬菌(はくせんきん)は人間や動物などの皮膚角質層(角層)を住処とする真菌(カビ)皮膚糸状菌の一種で、角質の成分であるケラチンというたんぱく質を栄養源にし、人間のアカが落ちるほとんどの場所に生息していますので、私たちの周りのいたるところに存在しています。


またこの白癬菌は水虫の原因菌であるため、“水虫菌”とも呼ばれています。


白癬菌はアカとなって皮膚(角質層)が剥がれ落ちるときに一緒にくっついて剥がれ落ちますが、白癬菌自体、感染力はそれほど強くなく、空気感染などはしないといわれています。


また乾燥した皮膚に白癬菌が付着したとしても、自然に落ちたり、洗い流せば感染することはありません。


靴の中は高温・高湿度で水虫菌である白癬菌が繁殖しやすい しかし白癬菌(カビ)は湿った場所を好み、“湿度70%以上・温度15℃以上”になると活発に増殖し、この状態で皮膚に白癬菌が付着すれば定着し、増殖し、角質層の奥へ奥へと侵入していき(角質層よりも深い所には入っていきません)、やがてさまざまな水虫の症状として現れてくるのです。


特に靴を履いている足の指の間は湿度95%以上、温度は32℃以上にもなるといわれていますので、白癬菌が繁殖しやすく、水虫になりやすいのです。


また日本は土地柄とても湿度が高いので、白癬菌に限らず、さまざまな真菌(カビ)が繁殖しやすいといえます。


梅雨時は湿度が高く水虫菌である白癬菌が繁殖しやすいさらに皮膚(角質層)には白癬菌の好物のケラチンがあるため、皮膚(角質層)に寄生した白癬菌はなかなか死ぬことはありませんが、皮膚(角質層)から剥がれ落ちた白癬菌は数週間しか生きられません(しかし皮膚から剥がれ落ちた角質層、いわゆるアカの中に潜んでいる白癬菌が感染源となっていることが圧倒的に多いのです)。


 白癬菌が感染した部位による名称



感染場所 水虫の名称
足水虫(足白癬)
爪水虫(爪白癬)
頭部 シラクモ(頭部白癬)
体部 ゼニタムシ(体部白癬)
手水虫(手白癬)
股部 インキンタムシ(股部白癬)


白癬菌(水虫菌)が感染した部位により、以上のように名称は違います。


 白癬菌の増殖しやすい場所



不特定多数が出入りする場所

プールやスポーツジム、公共浴場、サウナ

ボーリング場やスキー場の貸し靴

スリッパやお風呂のマット

一日中履いた靴や靴下の中

じゅうたんや畳


不特定多数の人が裸足で歩き回る場所は特に要注意です!


 白癬菌の種類



紅色白癬菌(こうしょくはくせんきん)

毛瘡白癬菌(もうそうはくせんきん)

星状白癬菌(せいじょうはくせんきん)

趾間白癬菌(しかんはくせんきん)

菫色白癬菌(きんしょくはくせんきん)

疣状白癬菌(ゆうじょうはくせんきん)

石膏状小胞子菌(せっこうじょうしょうほうしきん)


以上のようにさまざまな白癬菌がありますが、現在日本で見られるのは紅色白癬菌・趾間白癬菌の2つがほとんどです。





スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 水虫の症状と治療法. All rights reserved