水虫の症状と治療法TOP > 水虫の知識 > 水虫になるまで

水虫になるまで


水虫の原因菌である白癬菌(はくせんきん)が人の皮膚角質層(角層))に付着したからといってすぐに水虫になるわけではありません。


次のような条件を満たしてはじめて白癬菌(水虫菌)が感染、寄生し、そして水虫となるのです。


 水虫になる条件



白癬菌が付着した丁寧に体を洗えば白癬菌には感染しません

白癬菌が洗い落とされたりせずしばらく皮膚(角質層)に留まった(24時間以上)

高温多湿(湿度70%・温度15℃以上)など白癬菌が増殖しやすい環境下にいた


人間は1人で生きているわけではありません。


家族もいれば、さまざまな場所へ行きますので白癬菌を完全に避けることは現代社会では難しいかもしれません。


しかし白癬菌(水虫菌)が皮膚に付着しても24時間以内に洗い流せば水虫にはならないので、毎日のお風呂などで付着した白癬菌を洗い流し、通気性をよくさえすれば水虫にはならないことも知っておきましょう!





スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 水虫の症状と治療法. All rights reserved