水虫の症状と治療法TOP > 水虫対策と予防 > 高齢者の水虫対策と予防

高齢者の水虫対策と予防


高齢者に多い水虫患者日本人の5人に1人が水虫といわれていますが、60歳以上の場合はさらに4人に1人以上が水虫ともいわれているほど、高齢者の水虫患者数の割合は高くなっています。


 高齢者の水虫患者数の増加原因



人間は歳を重ねるほどにさまざまな病気にかかりやすくなります。


水虫も例外ではなく、特に水虫の場合は1度感染してしまうと完治させるには根気を要することから、治療を途中でやめてしまったりと軽視されていることが多いようです。


また高齢者の場合は水虫だけでなく、さまざまな病気を患っていることが多いので、水虫の治療に専念できず、命に関わる病気ではないことから後回しにされていることも事実です。


さらに人間の皮膚表皮)は約28日周期で生まれ変わる、いわゆるターンオーバーを繰り返しているのですが、歳を重ねるほどにこの周期が長くなります。


水虫の原因菌である白癬菌(はくせんきん)角質層(角層)に感染しても、正しい治療を続ければ約1ヶ月で改善していくといわれていますが、高齢者の場合はターンオーバーの周期が長くなっていますので若い人よりも治療期間が長引いてしまいます。


その他にも抵抗力が弱くなっているので白癬菌(水虫菌)に感染しやすいなど、さまざまな要因が加わり高齢者の水虫患者数の割合は高くなっているのです。


 高齢者の水虫対策と予防



高齢者の場合、家族の協力が大切です高齢者の場合はターンオーバーが長くなっていること、完治させるのがとても大変な爪水虫(爪白癬)になっている方が多いこと、他の病気を患っていることから治療に専念できないことから、水虫を完治させるのは正直いってかなりの根気が必要になってきます。


ですので高齢者に限らず水虫にならないことが大切なのですが、なってしまった場合は皮膚科の専門医と良く話し合い、長期的な治療をしていくこととなります。


また高齢者の場合はご自身で自覚がないことも多いので、家族の方々の協力が不可欠になってきます。


水虫(特に爪水虫)が原因で歩けなくなったりすることもありますので、たかが水虫、命に関わることはないからと放置せず、根気よく治療を続けましょう。




スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 水虫の症状と治療法. All rights reserved