水虫の症状と治療法TOP > 水虫対策と予防 > 乾燥・通気性を良くする!

乾燥・通気性を良くする!


水虫の原因菌である白癬菌(はくせんきん)をはじめ、真菌(カビ)類は“高温多湿”の場所を好みますので、水虫予防には乾燥、通気性を良くすることが大切です。


常に衣服を身に着けている場所は湿度が上がりやすく蒸れやすくなります。自宅ではなるべく裸足でその典型的なのが足です。


靴下を履いて、さらに靴も履くのですから、当然体の中で最も湿度・温度の高くなる場所です。


靴を履いている足の指の間は湿度95%以上、温度は32℃以上にもなるといわれていますので、最も白癬菌(水虫菌)が繁殖しやすい場所なのです。


もちろん高温といっても限度があり、約50℃以上になると白癬菌は死滅するといわれていますが、人間の皮膚がこの温度に触れると、当然大やけどしますので注意しましょう。


 足の乾燥を心がける



自宅などではできるだけ裸足で過ごすようにする入浴後は扇風機などでよく乾燥させる

会社などで可能であればサンダルで過ごす

5本指の靴下を履くようにする(足の指が密着せず蒸れを防げる)

お風呂上りなどはよく乾燥させる(扇風機・ドライヤーの冷風などで)


また足だけでなく、部屋もよく乾燥させましょう。


閉め切った部屋はとても湿度が高くなりますので、定期的に空気の入れ替えをしたり、エアコンの除湿機能などを利用するのも良いでしょう。





スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 水虫の症状と治療法. All rights reserved