水虫の症状と治療法TOP > 治療薬について > 水虫治療薬の塗り方

水虫治療薬の塗り方


水虫の塗り薬は正しい使用法で水虫の塗り薬はただ患部に塗れば良いというわけではありません。


水虫の原因菌である白癬菌(はくせんきん)は症状が現れている部位だけでなく、多くの場合その周辺にまで広がっていますので、症状が出ている部位にだけ薬を塗っても完治しないことが多いのです。


1日1回塗るタイプの薬は皮膚が柔らかく、角質層(角層)に成分が浸透しやすいお風呂上りに塗るのが良いでしょう。1日2回タイプの場合は、お風呂上りと、朝出かける前に塗ると効果的です。


市販されている薬や病院で処方された薬にしろ、数日間(1週間ほど)使用しても症状がまったく改善されない、または症状が悪化した場合は薬が合っていない可能性がありますので、早急に医師に相談しましょう。


 水虫の塗り薬の使用法



患部だけでなく、その周辺も塗る(足水虫(足白癬)の場合は足の裏全体に塗っても良い)。

患部に厚く塗るより薄めに広範囲に塗る水虫の治療薬は入浴後に塗るのが効果的

成分が浸透しやすいお風呂上りに塗る。

数日間使用しても症状の改善が見られなかったり、悪化した場合は早急に医師に相談する。

完治したと思ったときから最低1ヶ月は薬を塗り続ける。

処方された薬を他の部位に使用したり、他人に使用させない。

医師・薬剤師の指示、または使用上の注意を必ず守り使用する。


いまでは塗り薬だけでもクリーム剤・軟膏・液体・パウダー・スプレーなど、さまざまなタイプがありますので、根気よく治療を続けるためにも使いやすいタイプの薬を選ぶことも大切です。


また完治したと自分で勝手に思い込み薬を塗るのをやめる人が多いようですが、これも水虫が中々治らないと思われている原因で、見た目は治ったと思ってもまだ白癬菌(水虫菌)が潜んでいる可能性はありますので、自己判断で薬の使用をやめるのではなく、医師の指示に従い治療を続けましょう。





スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2017 水虫の症状と治療法. All rights reserved