水虫の症状と治療法TOP > 水虫の種類 > 手水虫(手白癬)

手水虫(手白癬)


手水虫とは、医学的には手白癬と呼ばれている、白癬菌(はくせんきん)が手に感染、寄生した病気・水虫のことです。


 手水虫(手白癬)の症状・特徴



手水虫(手白癬)は足水虫(足白癬)などに比べるとかなり稀で、症状としては手の湿疹と似ているため手水虫(手白癬)と気付かない人が多く、皮膚科などで診察を受けることなく自己判断で違う薬を使用した結果、症状が悪化したり、中々治らないといったケースがでてきます。


手にできる水虫を手水虫といいますまた足水虫(足白癬)と同様、

趾間型水虫
小水疱型水虫
角質増殖型水虫
爪水虫(爪白癬)

の4つに分類され、手水虫(手白癬)の場合はカサカサした角質増殖型水虫が多いようです。


手は基本的に露出している事が多く、常に自分の目で見ることもでき、蒸れることも少なく、1日に数回は必ず洗うので白癬菌が感染しにくい場所です。


しかし手水虫など足以外の水虫は、足の水虫を伴なっている場合が多く、同時に治療し、完治しないと再発を繰り返すことになりますので注意が必要です。





スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006-2019 水虫の症状と治療法. All rights reserved